« 短歌始めました | トップページ | 短歌03 »

短歌02

お題があると、想像で作れるから割合ラクです。なのに俳句での兼題とか苦手なのはどうしてだろう?

【お題・赤】
冬枯れの給水塔に立ち向かいルージュ濃くして歩き出す朝
ピアノ音にざわめく金魚踊るのかほくそ笑むかはあなた次第ね

|

« 短歌始めました | トップページ | 短歌03 »

tanka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519610/25795830

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌02:

« 短歌始めました | トップページ | 短歌03 »