« 023:用紙(kei) | トップページ | 024:岸(kei) »

短歌13

【お題:門】
一心に専門書読む君の背の向こう満開の桜の黙(もだ)
真昼間のやわらかな風ひきつれて関門海峡渡る蝶々

【お題:呼ぶ】
呼び鈴を鳴らす女は物憂げに麻雀牌へ視線を注ぐ
呼び交わす千鳥百鳥夕暮れの近づいてくる心細さに
たった今決めたの呼び捨てにするって夕焼け小焼けあなたが好きよ

|

« 023:用紙(kei) | トップページ | 024:岸(kei) »

tanka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519610/27618323

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌13:

« 023:用紙(kei) | トップページ | 024:岸(kei) »