« 063:スリッパ(kei) | トップページ | 064:可憐(kei) »

短歌18

逃げ道のない黄昏の中にいて水含ませる焼き締めの皿
わらわらと広がってゆく野焼きの火 真っ正直な男のように
焼きたてのパンにコーヒー黄身二つ身を寄せ合っている目玉焼き

|

« 063:スリッパ(kei) | トップページ | 064:可憐(kei) »

tanka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519610/27618908

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌18:

« 063:スリッパ(kei) | トップページ | 064:可憐(kei) »