« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

短歌20

インターネット歌会に出しました。お題は『見えない』。

晩夏との境界線はどのあたり前奏曲となる虫の声

| | コメント (0) | トラックバック (0)

077:横(kei)

約束の時間はとうに過ぎているお台場公園横なぐりの雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

076:ジャンプ(kei)

飛び魚の最後のジャンプまなぶたの奥深くまで青の残像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

075:量(kei)

崖(きりぎし)を舞い降りて行く双蝶(ふたつちょう)情状酌量などは望まず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

074:銀行(kei)

合併を繰り返していく銀行をすっぽり包んでいる夕闇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

073:寄(kei)

寄せ鍋の湯気にしましょう密やかに積もり積もった今日までの鬱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

072:緑(kei)

降り注ぐ緑の中で存分に深呼吸しているカメレオン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

071:メール(kei)

あなたから届くメールは海の色ブルーハワイが飲みたい午後に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »