« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

短歌22

角川書店『短歌』で、今野寿美さん選の佳作になりましたconfident

幸福な時間は逃げていく時間カクテル越しの水平線の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

082:研(kei)

遠来の男の研いでいる包丁いくたびもいくたびも青い三日月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

081:嵐(kei)

歩き出すチャンスを狙う黙考の砂嵐の中のスフィンクス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やれやれ

70首を終えてからほぼ2ヶ月。10首作るのに思いの外、日数がかかってしまいましたbearing

特に「079:児」と「080:Lサイズ」には、悩まされました。
「児」はやはり、幼児・児童といった言葉から離れられなかったし、「Lサイズ」も服や卵のサイズしか思いつかなくて。お題の言葉をごくふつうの意味で使うなら、組み合わせる言葉に変化をもたせないと、ふつうの歌で終わってしまうしね。
とは言っても、あまり納得いく歌にはなっていないのですが。。。think

あと20首。まだまだ悩まされそうなお題が続きます。でもここまで来たんだから完走したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

080:Lサイズ(kei)

殿(しんがり)はLサイズの蟻 新しい朝の日差しと潜る銃眼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

079:児(kei)

怪物を退治する夢大空を駆け抜ける夢 児童図書館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

078:合図(kei)

蟋蟀の鳴くのが合図真ん中の秋を私も歩いて行こう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌21

【お題:許す】
許せって?色を深める夕暮れに広がっていくあなたとの距離
柵内に許可なく立ち入るべからず子どもの作っているバリケード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »